自律 和平 感謝

本校は、仏教特に浄土真宗の精神に基づく教育を行い、社会に貢献できる自律した女子を育成します。校訓である「自律」「和平」「感恩」は、いのちを尊び、多様な価値観を受け入れる豊かな人間力。自分をみつめ、自らを信じて未来へと歩む行動力。仏教の教えのもと、社会を生きるしなやかな感性と教養を身につけ、勇気と誇りをもって新しい時代を創造する女性を育成します。

仏教行事

仏教のみ教えに基づいた仏教行事などに接するなかで、いのちを尊び、他者を思いやる豊かなこころを育みます。

情操教育・礼法指導

「本物に触れる」という教育方針のもと、演奏会、能楽や演劇の鑑賞、国の登録有形文化財である茶室での礼法指導など、筑女には若い感性を磨き、豊かな人間性を育むプログラムが充実しています。

STUDENTS VOICE

VOICE01

仏教を通して物事を広く見る目を養い、
様々なことを自分事として
受け取るようになりました。

山崎 愛咲美さん中学3年 Ⅰ類

1年間、仏教委員会の委員長を務めました。委員会では、毎月の感謝日に行う献金の寄付先を決定します。その過程で様々な問題を知るたび、「これは他人事にしてはいけない」と感じるようになりました。最初は正直、自分が献金する5円、10円はあっても同じではないかと思うこともありましたが、だんだんと1人の力は小さくても積もり積もって誰かのためになると思えるようになりました。それからは世界各地のニュースなどを見る時の自分の視点も変わったように思います。何をするにも、他人事として捉えていると自分から行動することはできません。仏教を通して学んだ「自分事として捉える力」は、今後も私の将来に役にたつと思います。

VOICE02

人との関わりや「縁」について
考えるようになったことで、
出会いへの感謝の気持ちや
物事を捉える視野が広がりました。

赤司 瑞祈さん高校3年 Ⅰ類医進コース

毎週行なっている朝の礼拝や、仏教の授業で仏教の教えやそれに関するお話をきくことで、友達や先生など様々な人との出会いを大切にするようになったと思います。「一期一会」 という言葉がありますが、筑紫女学園での生活を通し「縁」について考える機会が増え、出会ったことに感謝するようになったと思います。そんな経験と日々の友達や先生方との時間を通して、入学前より視野が広がりいろんな角度から物事を考えられるようになったと感じます。私は将来、患者に寄り添って治療する医師になりたいです。そしてそのためには、患者の考えをよく理解することが大切だと思います。仏教は日本人にとって身近な宗教であるので、仏教の教えを知っていることは患者だけに関わらず、人と関わるときに話を広げたり、新しく会話をするときにとても役に立つと思います。

今月のことば

2023年12月

人は 昨日にこだわり       

 明日を夢みて 今日を忘れる        

本田 恵 師

 2023年も残すところわずかとなりました。今年一年を振り返ってみると、5月に新型コロナウィルス感染症が感染症法に基づいて2類から5類へと引き下げられました。それに伴って感染症対策もコロナ禍前のようになり、私たちの日常生活も落ち着きを取り戻してきたように思います。“のど元過ぎれば熱さを忘れる”といわれますが、コロナ禍で経験したそれまでの“当たり前”と思っていた日常生活が、“当たり前”ではなかったと気づかせていただいた経験を忘れずにこれからを過ごしていきたいものです。

 

 今月のことばは、私たちの日々を振り返るにあたり、とても考えさせられることばではないかと思います。ある雑誌で、「企業を経営していく上で大切なことは、“ヒト、モノ、カネ”といわれ、この三つに共通していることは、それぞれ増やすことができるものである」とありました。しかし、「“時間”ということについて考えてみると、時間は増やすことも借りることもできず、誰にでも等しく1日二十四時間しか与えられておらず、その限られた時間をどのように使うかが大切である」とも述べられていました。時間の経過を表す言葉に、過去・現在・未来があります。“過去”は、“過ぎ去った時間”、“現在”は“過去と未来の間、いまこの時”、“未来”は“これから来る時、将来”と辞書では示されています。私たちは日々、様々な経験を積み重ねて生きています。その中で、今月のことばの“人は昨日にこだわり”ということを考えてみると、私たちはいままで経験してきたことに対して、“あの時こうしておけばよかったのに…”とか、“これまでせっかくがんばってきたのに…”などと、経験してきたことに“のに”とつけて過去の経験にこだわるということがないでしょうか。また、“未来”については“明日はこうしたい”とまだ経験していない先に希望をもち“明日を夢見る”姿が私たちなのかもしれません。また、逆にまだ起こってもいない先のことに不安を感じたり、将来を心配したりしても誰も未来のことはわかりません。もちろん過去の経験を教訓として考えることや、明日を夢見て生きることも大切なことです。しかし私自身の生きている“いま”を見失ってそのことを考えたり、“いま”が当たり前で明日も明後日も当たり前のようにくると考えたりして生きていくならば、二度と来ない “いま”の大切さを忘れた生き方となっていくのではないでしょうか。

 お釈迦様は、“過去を追うな。未来を追うな。過去はすでに捨てられた。未来はまだやって来ない。だから現在のことがらをよく観察し、揺らぐことなく動ずることなく、よく見きわめて実践すべし。ただ今日なすべきことを熱心になせ。誰か明日の死のあることを知らん。”(パーリ仏典『中部経典』)と、常に“いま”生きているこの時を大切にして生きることを説かれています。また、アップル社の協同設立者であったスティーブ・ジョブズ氏は、すい臓がんが見つかった後のスタンフォード大学の卒業式で「もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることを本当にするだろうか?」と問い、日々の生活の中で今あなたのなすべきことは何かを考えることの大切さを学生たちに語りかけました。

 私たちは、“いま”というかけがえのない時のなかで生きています。改めて、日々の生活の中で、“いま”の大切さを思い返し、過去の自分の行いを振り返り、自分がやりたいと思っている未来に対し今の自分の行いを観察し、今日やるべきことをなしているのか問うてみて、今年一年を振り返り新たな年を迎えましょう。

文責:宗教科