自律 和平 感謝

本校は、仏教特に浄土真宗の精神に基づく教育を行い、社会に貢献できる自律した女子を育成します。校訓である「自律」「和平」「感恩」は、いのちを尊び、多様な価値観を受け入れる豊かな人間力。自分をみつめ、自らを信じて未来へと歩む行動力。仏教の教えのもと、社会を生きるしなやかな感性と教養を身につけ、勇気と誇りをもって新しい時代を創造する女性を育成します。

仏教行事

仏教のみ教えに基づいた仏教行事などに接するなかで、いのちを尊び、他者を思いやる豊かなこころを育みます。

情操教育・礼法指導

「本物に触れる」という教育方針のもと、演奏会、能楽や演劇の鑑賞、国の登録有形文化財である茶室での礼法指導など、筑女には若い感性を磨き、豊かな人間性を育むプログラムが充実しています。

STUDENTS VOICE

VOICE01

仏教を通して物事を広く見る目を養い、
様々なことを自分事として
受け取るようになりました。

山崎 愛咲美さん中学3年 Ⅰ類

1年間、仏教委員会の委員長を務めました。委員会では、毎月の感謝日に行う献金の寄付先を決定します。その過程で様々な問題を知るたび、「これは他人事にしてはいけない」と感じるようになりました。最初は正直、自分が献金する5円、10円はあっても同じではないかと思うこともありましたが、だんだんと1人の力は小さくても積もり積もって誰かのためになると思えるようになりました。それからは世界各地のニュースなどを見る時の自分の視点も変わったように思います。何をするにも、他人事として捉えていると自分から行動することはできません。仏教を通して学んだ「自分事として捉える力」は、今後も私の将来に役にたつと思います。

VOICE02

人との関わりや「縁」について
考えるようになったことで、
出会いへの感謝の気持ちや
物事を捉える視野が広がりました。

赤司 瑞祈さん高校3年 Ⅰ類医進コース

毎週行なっている朝の礼拝や、仏教の授業で仏教の教えやそれに関するお話をきくことで、友達や先生など様々な人との出会いを大切にするようになったと思います。「一期一会」 という言葉がありますが、筑紫女学園での生活を通し「縁」について考える機会が増え、出会ったことに感謝するようになったと思います。そんな経験と日々の友達や先生方との時間を通して、入学前より視野が広がりいろんな角度から物事を考えられるようになったと感じます。私は将来、患者に寄り添って治療する医師になりたいです。そしてそのためには、患者の考えをよく理解することが大切だと思います。仏教は日本人にとって身近な宗教であるので、仏教の教えを知っていることは患者だけに関わらず、人と関わるときに話を広げたり、新しく会話をするときにとても役に立つと思います。

今月のことば

2022年11月

吉日に悪をなすに 必ず凶なり 

悪日に善を行うに 必ず吉なり

吉凶は人によりて 日によらず

 

 秋も深まってきました。暑すぎず、寒すぎず、読書にスポーツに、様々なことに気持ちよく取り組める時節です。

 さて、今月の言葉は「もともと日に吉凶はない。日の吉凶は、私のその日の行いが決めるものなのだ」という意味の言葉です。

 皆さんは、日に吉凶を示したものとして「六曜」があるのを知っているでしょう。カレンダーなどに、「大安・仏滅・友引・先勝・先負・赤口」と書かれているものです。例えば一般的に、「大安に結婚式などのお祝い事をするとか、逆に仏滅にはしないとか、友引には友を引いてしまうので葬式をしない」などと言ったりします。しかしながら、六曜の成り立ちや仕組みは、ほとんど知られていません。もともとは、中国大陸で誕生し、日本には鎌倉時代に伝来したといわれます。明治になって新しく太陽暦を採用するにあたって、六曜は「迷信」とされましたが、今でも残っています。六曜の順番は決まっているのですが、例えば旧暦の1月1日は先勝と固定されているので、カレンダーを見ると、時々順番がずれてしまいます。そのことが神秘性を生んでいるともいえますが、規則性を知れば、七曜と何ら変わらないものです。「月曜日にはお祝い事をしない」とか言いませんよね。※ちなみに「仏滅」と書くけど、仏教には何の関係もありません。

 親鸞聖人は和讃に「悲しきかなや道俗の 良時吉日えらばしめ 天神地祇を崇めつつ 卜占祭祀つとめとす」(僧侶も世俗の者たちも、良い時良い日にとらわれて、天の神や地の神を崇めつつ、占いや祈りごとに余念がありません。 なんと悲しいことなのでしょう。)と詠まれました。根拠のない迷信にとらわれ、振り回されることで、本当のこと(もの)と本当でないこと(もの)が見えなくなること、主体性をもった正しい生き方ができなくなることをなげかれたのです。

 現代社会でも、この根拠のない迷信を信じたり、信じさせられたりすることがもとで、事件が起こったり、いわれのない差別が行われたりすることがあります。

 日そのものに吉凶はありません。1日1日は私たちに平等に与えられた時間です。迷信に振り回されることなく、正しいみ法(みのり)に生きることを心がけ、二度と帰らないその時間を充実したものにして、大切に過ごしていきたいものです。

                              文責 宗教科