自律 和平 感謝

本校は、仏教特に浄土真宗の精神に基づく教育を行い、社会に貢献できる自律した女子を育成します。校訓である「自律」「和平」「感恩」は、いのちを尊び、多様な価値観を受け入れる豊かな人間力。自分をみつめ、自らを信じて未来へと歩む行動力。仏教の教えのもと、社会を生きるしなやかな感性と教養を身につけ、勇気と誇りをもって新しい時代を創造する女性を育成します。

仏教行事

仏教のみ教えに基づいた仏教行事などに接するなかで、いのちを尊び、他者を思いやる豊かなこころを育みます。

情操教育・礼法指導

「本物に触れる」という教育方針のもと、演奏会、能楽や演劇の鑑賞、国の登録有形文化財である茶室での礼法指導など、筑女には若い感性を磨き、豊かな人間性を育むプログラムが充実しています。

STUDENTS VOICE

VOICE01

仏教を通して物事を広く見る目を養い、
様々なことを自分事として
受け取るようになりました。

山崎 愛咲美さん中学3年 Ⅰ類

1年間、仏教委員会の委員長を務めました。委員会では、毎月の感謝日に行う献金の寄付先を決定します。その過程で様々な問題を知るたび、「これは他人事にしてはいけない」と感じるようになりました。最初は正直、自分が献金する5円、10円はあっても同じではないかと思うこともありましたが、だんだんと1人の力は小さくても積もり積もって誰かのためになると思えるようになりました。それからは世界各地のニュースなどを見る時の自分の視点も変わったように思います。何をするにも、他人事として捉えていると自分から行動することはできません。仏教を通して学んだ「自分事として捉える力」は、今後も私の将来に役にたつと思います。

VOICE02

人との関わりや「縁」について
考えるようになったことで、
出会いへの感謝の気持ちや
物事を捉える視野が広がりました。

赤司 瑞祈さん高校3年 Ⅰ類医進コース

毎週行なっている朝の礼拝や、仏教の授業で仏教の教えやそれに関するお話をきくことで、友達や先生など様々な人との出会いを大切にするようになったと思います。「一期一会」 という言葉がありますが、筑紫女学園での生活を通し「縁」について考える機会が増え、出会ったことに感謝するようになったと思います。そんな経験と日々の友達や先生方との時間を通して、入学前より視野が広がりいろんな角度から物事を考えられるようになったと感じます。私は将来、患者に寄り添って治療する医師になりたいです。そしてそのためには、患者の考えをよく理解することが大切だと思います。仏教は日本人にとって身近な宗教であるので、仏教の教えを知っていることは患者だけに関わらず、人と関わるときに話を広げたり、新しく会話をするときにとても役に立つと思います。

今月のことば

2024年6月

答えはない。

答えは存在したことがない。

答えはこれからも存在しない。

それが答えなのだ。

        ガートルード・スタイン

 これはアメリカ合衆国の詩人で芸術評論家でもあるガートルード・スタインのことばです。ガートルードは1900年代のはじめパリに画家や詩人たちが集うサロン(語らいの場)を開いていたことでも知られており、現代芸術と現代文学の発展のきっかけを作ったともいわれています。

 学校での教科学習には基本的に答えがあります。だからテストが成り立つわけですが、世の中にはむしろ、”これが答え”というようなものがない”問い”の方が多いのではないでしょうか。

 今月のことばの意味を少し深めて考えてみると、例えば、「友情とは何か」ということを考えてみたとき、これこそ友情の定義ということはみつけられるでしょうか。恐らく、そういう考えもあるけど、それだけではないよねとなるのではないでしょうか。そして1つの問題について深く考えてみると、最終的な答えは出なくても、そのものに対する見え方や考え方が深まり、新たな世界観や価値観が生まれてくるということはないでしょうか。そこで、大切なことは“対話”をするということです。先程の「友情とは何か」を友達と話し合ってみると、お互いの考えの違いや価値観の違いに気づかされ自分の考え方が深まり発展していきます。つまり、今月のことばの“答えのないことが答え”の意味は、たとえ“答え”が出なくても“問い”をもち、“答え”を求めて“対話”をしていくこと、そこで気づかされる新たな発見、人間として思考を深めることの大切さを伝えてくれているのではないでしょうか。

 今月のことばを通して、日々の授業などでの話し合いという場は、答え探しというだけでなく、自分の考え方を深めお互いを理解し深める場と考えてみてはどうでしょうか。

                               (文責 宗教科)